結婚式の二次会って出会いのきっかけになりやすい?

結婚式の二次会って出会いのきっかけになりやすい?

新郎新婦の知り合いなので身元が安心

通常の出会いでは相手の身元が不明なことも多いです。

知り合いの紹介やツテがない以上、アプリやお見合いパーティーなどはつながりなどがなく知らない人にいきなり出会うことになります。

結婚式の二次会に参加している人は、すべて新郎新婦とどこかしらつながりがある人です。

全く知らない人に出会うより身元が安心で、話しかけるきっかけも作りやすい出会いのきっかけになるといえます。

年齢が近い

結婚式の二次会に参加している人は、新郎新婦につながりが深い人が多く、学生時代の友人や、同年代の人たちが参加することが多いです。

新郎新婦の年齢差があまりにある人は別ですが、同年代の人たちが見つかりやすいといえます。

年齢指定のお見合いパーティーにいってもなかなか希望としている年齢の人に出会うことが少なかったりもします。

最初から同じような年齢の人しかいない可能性も高い結婚式の二次会は、絶好の二次会の場所になります。

職業がわかりやすいことも

結婚式の二次会は新郎新婦の同僚が参加していることもあり、どちらの職業に興味のある人はぴったりの場所になります。

結婚できる職業についている人はもちろん収入が安定していることがほとんどですし、結婚相手としては魅力的に映ります。

お付き合いの先に将来のことを考えている時は、配偶者が安定した職業に就いていることはとても大切なことです。

職業がわかりやすいことはメリットとなり、出会いの場所として良いです。

準拠※結婚式の二次会代行

結婚式の二次会で途中退席したいときにはどうする?

結婚式の二次会で途中退席したいときにはどうする?

結婚式の二次会というのは、最後までその場にいることが多いでしょうけど、そうもいかない場合があります。

途中退席をしないといけない場合がどうしても考えられますが、こういった場で途中で抜ける際にはいろいろと注意点があります。

途中退席がダメということはないものの、しっかりとマナーを守りながらそういったことを行っていきましょう。

結婚式の二次会を途中退席することがあらかじめ分かっているときの対応

結婚式の二次会に最後まで参加できないということが分かっているとき、途中退席が確定というときには、あらかじめ連絡をしておくと良いです。

新郎新婦など、主催側に伝えておけば、それがダメと言われることはまずないでしょう。

途中退席であっても、参加してくれる人がいれば嬉しいはずですから。

そして、実際に当日抜ける際にも主催側に一言言っておくと良いです。

そうすれば、お互いに気持ちよく過ごすことができるはずですから。

当日いきなり途中退席しないといけないときの対応

当日何らかの用事で、いきなり途中退席をしないといけない状況になることも考えられます。

そういうときにはどうすればいいのか?というと、このケースに関しても主催側に伝えて抜けさせてもらうというのがベストです。

当日のいきなりの途中退席であっても、事情があるのだからしょうがないと思ってくれるでしょう。

この場合には謝罪の言葉を伝えながら、途中退席をさせてもらうと良いので、覚えておいてほしいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする