結婚式の二次会の際のマナーについて考える

結婚式の二次会の際のマナーについて考える

突然ですが皆さんは「結婚」の際の二次会にマナーがある」と言うことについてご存知でいらっしゃいますでしょうか?

この二次会のマナーが守れないと少し恥ずかしい思いをしてしまことがあります。

二次会のマナーは結婚式ほどにがっちりとしたものではありませんが、しっかりとマナーを知っておく必要があるでしょう。

そこで今回は二次会のマナーについて簡単に知っておき、二次会に活かしていけるようにしていきましょう。

まずは二次会に参加する際の服装についてですが、二次会は結婚式や披露宴ほどのかしこまった服装のマナーはありません。

しかしながら基本的にはフォーマル感のある服装が望ましく、目立つような服は避けるべきです。

少なからず新郎新婦よりは目立つ格好は好ましくありませんので注意が必要であると言えるでしょう。

またかしこまったマナーはないものの、二次会の服装のマナーは会場に応じて多少変化しますから、その会場に合わせて行った服装選びをしていくと言うことが服装に失敗しないコツなのです。

また結婚式の場合は祝儀袋にお金を入れて渡すと言うことがマナーではありましたが二次会の場合はそのようなことはなく、二次会の会費は財布からそのまま出して大丈夫であると言えます。

お酒のマナーも暗黙の了解であり、無理やり新郎新婦にお酒をすすめることや自分自身が泥酔するようなお酒の飲み方も好ましくありませんのでマナーとしてしっかりと押さえておくようにしておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする